くらす

保育園・幼稚園・認定こども園等の無償化は令和元年10月から。無償化について聞いてみた

こんにちは。今年の4月に保育園に入園した3歳の娘がいるママライターのゆうこです。
幼児期の子どもがいるパパとママの中には、2019年10月から実施予定と言われている保育料の無償化について気になる方もいるのではないでしょうか。
今回は、保育料の無償化について上田市役所保育課の間宮さんと沓掛さんにお話を伺ってきました。

いつから無償化されるの?


これまで「2019年10月実施予定」と広報されていた保育料の無償化ですが、国の決定により2019年10月1日から保育料が無償化されることが決まりました。
沓掛さんからいただいた国の資料によると、上田市内の幼稚園・保育園・認定こども園、そして地域型保育・企業主導型保育事業も無償化の対象となるようです。
いよいよ今年の秋から開始されるんですね!

対象となる人


保育園などを利用する子どもの年齢によっても、無償化の対象になる場合とならない場合があるようです。無償化の対象になるのは、どのような年齢の子どもや世帯なのでしょうか。

◯幼稚園・保育所・認定こども園等を利用する3歳から5歳までの全ての子どもたちの利用料が全て無償化されます。
無償化の対象となる期間は、満3歳になった後の4月1日から小学校入学前の3年間です。幼稚園は、入園できる時期にあわせて満3歳から無償化の対象となるそうです。
※ただし幼稚園については月額上限が25,700円

子どもがすでに大きくなった家庭や、在園中の家庭では「もう少し早く無償化になってくれればよかったのに」と感じる方もいるかもしれませんが、「これから無償化されるなんて嬉しい!」と、ぜひ前向きに受け止められたらよいですね◎

◯0歳から2歳までの子どもたちについては、住民税非課税世帯を対象として利用料が無償化されます。
ママのなかには「下の子は保育料の減免制度があったけど、保育料が無償化されたらどうなるのかな?」と気になる方もいるのではないでしょうか。この取材を担当することになったとき、複数のママからこの質問をたくさんいただきました。それだけ気になっている方が多いんですね!

沓掛さんのお話によると、第2子以降の保育料減免についてもこれまでの制度が継続されるそうです。
気になる点がはっきりすると、今後の見通しがついてママも一安心ですね◎

無償化にならないもの


子どもが幼稚園・保育園に通うための費用のなかで、無償化の対象にならないものを間宮さんに伺いました。

「今回の無償化では、園生活の全てが無償化されるわけではありません。通園送迎費や食材料費、行事費などは対象外になります。また、保育園の延長料金も対象にはなりません。」

給食やおやつの食材費、通園バスの利用料、早朝や夕方以降にかかる延長料金などは無償化の対象外になるそうです。
また、年収360万円未満相当世帯の子どもたちと全ての世帯の第3子以降の子どもたちについては、おかずやおやつ等の副食の費用が免除されるようです。第3子のカウントの仕方については、幼稚園に通う場合や1号認定の場合は小学3年生までの子どもの人数、2号や3号認定の場合は、小学校就学前の子どもの人数とされているようです。対象となる方は確認してみるとよいかもしれませんね。

無償化に関わる申請について


無償化に伴い、家庭で申請など準備することはあるのでしょうか。

「在園児については、各園を通じて申請することになるため大きな手続きは必要ありません。これから入園予定の方は申請していただくことになりますので、詳細を今夏にお知らせできるよう準備中です。」

「幼稚園の預かり保育については、上田市から保育の必要性の認定を受けると月額11,300円まで無償化されます。今まで私立幼稚園に入園した園児のデータは上田市で把握していないため、申請が必要になります。」

秋から始まる入園申し込みの前に、7月から8月を目安に広報予定とのことでした。申請書の用紙は基本的に園を通じて配布される予定とのことですが、保育課でも柔軟に対応してくれるそうです。
今年度の途中や来年度に入園を予定されている方は、申請方法や時期を確認して、忘れずに準備をしておけるとよいですね。

まとめ


保育園・幼稚園・認定こども園等無償化は、令和元年10月1日からに決まりました。

幼稚園・保育所・認定こども園等を利用する3歳から5歳の子どもの保育料が対象になるようです。給食やおやつにかかる食材料費、園バスなどの通園送迎費などは基本的に対象外になるとのことでした。
0歳から2歳の子どもに関しても、住民税非課税世帯は無償、第2子以降は減免などの制度があるとのこと。幼稚園の預かり保育や認可外保育施設を利用する場合は、上田市から保育の必要性の認定を受ける必要があります。

7月から8月頃にかけて、詳細についてのお知らせがあるそうです。広報誌や各幼稚園・保育園でお知らせがあるそうなので、子どもが在園中の方やこれから入園を控えている方はチェックしてみてくださいね!

About the author

ゆうこ

新潟県出身。1児の母。
周りの人と楽しめるような企画をすることが大好き!
先輩ママライターとの飲み会を楽しみに日々精進しています。