プロジェクト

「基板パズルの試作に向けてまい進中!」サンタ軽金属工業vol.4

Written by しばちゃん

こんにちは。
上田のゆるふわちゃっかりママのしばちゃんです。
「基板パズル」企画の進捗状況を涌井、柴田がお届けします!

160527_2

前回は基板パズルの構想図を見せていただきましたが、
それだけでは「ちょっとイメージしにくいよね。」と感じた私たち。

「3Dというか、立体的な図が見てみたいです!」
今回も私たち、図々しさ全開ですね。

まるで先生!?親切に説明してくださる山崎さん

160527_3

「木組みの箱みたいなのがあって、そこにピースをはめていくイメージですね。」
「積み木箱みたい!なるほどー!!」

図で描いてもらうと、一気にイメージが膨らみますね◎

イメージ図がこちら!

160527_4

箱の底に、単3電池を使用した電源、音源や光、ランプを入れるイメージだそうです。

この図を見ると結構立派なおもちゃになりそうですよね!
箱の底に色々入れると厚みがありそうですが、
1.6mm~2.0mmの基板で枠を作る予定なので、そこまで重厚にはならないとのこと。

160527_6

また、赤ちゃんや小さい子どもがパズルのピースを誤飲しない大きさにすることや、
ケガをしないように角を取る、など安全性も大事という点を再確認。

「角を取るにはアール(丸くする)をつけるとか。
ピースの大きさも7~8センチにしようかな」と山崎さん。

安全性を考えると色々と課題が出てきますが、
それを全部やっつけてくれるのが山崎さんなのです!

試作品の材料がこちら!

160527_5

お話しを伺っていると、試作品の材料はそろっているとのことだったので、
見せていただきました。
これらの材料は、全て社内で余っていた基板の材料で、
試作品はこれらで作るそうですよ!

160527_8

「余り物?!」
余り物も無駄なく使う、エコなところが好感度アップですね◎

160527_7

ちなみに、こんな丸い形の基板も見せていただきました!
「スマートフォンより小さい大きさですね。」と私たちが話しをしていると、

「これは無線機に使う基板だよ。」と山崎さん。
基板の形を見ただけで、どの製品のどの部分に使用するものか
たちまち分かってしまう!
やっぱ基板のプロですね◎

「こういう丸い形のピースのパズルもできそうですよ。」
なんて、新しいアイデアも出てきました。

基板パズルのサンプル製作がいよいよ始まります!!

<つづく>

About the author

しばちゃん

広島県福山市出身。1児の母。
食費を節約するために、日々、パパ、子ども、自分のお弁当作りに励んでいます。
とは言うものの、月1回の外食(がっつり焼肉など)も楽しみながらゆるーく、
継続して節約できる方法を模索しています。