あそぶ

広い芝生の丘がある「東御中央公園」に行ってみた

Written by ともっち

こんにちは、遊ぶの大好きママライターのともっちです。
上田市街地から車で20~30分、東部湯の丸インターから5分の「東御中央公園(長野県東御市)」は、ご存知の方も多いのではと思います。
我が家は子どもの幼稚園の遠足で初めて行ってきましたが、読者の中には「気にはなるけど行ったことない」「家の近所の公園もいいけど、もっと広い公園も行ってみたい」という方もいらっしゃると思い、この公園のおすすめポイントを書いてみることにしました。

おすすめ1、芝生広場

東御中央公園と聞いて私が真っ先に思い浮かべるのが芝生広場。
この公園の大部分を占めるとても広い緑の丘で、ボール遊びや追いかけっこを楽しんだり、木陰でピクニックを楽しんだりするファミリーが多いです。
平地ではなく傾斜があるため子どもと走りまわるとなかなかの疲労度ですが、これも広い公園ならでは!
IMG_20160521_105109

おすすめ2、たくさんの遊具、アート、ハーブ園

木製のアスレチック遊具、クモの巣みたいなザイルクライミング、全長40mのローラーすべり台など小学生向きの遊具が多い印象ですが、小さな子ども用のすべり台も2種類あり、夏は水遊びもできます。年齢を問わず楽しめますよ。
IMG_20160521_121658

石でつくられたオブジェもたくさんあって、小さいうちから作品に触れたら芸術に目覚める…かも。
蜃ヲ逅・ク・MG_20160521_103958

小さなハーブ園もあり、遠足のときはラベンダーらしき青紫の花が満開で、実に良い香りでした~!(写真は5月に撮影したものです)
IMG_20160521_112840

また、芝生の周囲には1周500mのトラックがあり、おしゃべりしながらウォーキングを楽しむご夫婦や、自転車の練習をしているお子さんも見られました。
(※芝生への自転車乗り入れは禁止です)

おすすめ3、充実の駐車場

駐車場(無料)が充実しているのも高ポイント。
公園内の体育館やテニスコート等の駐車場も利用できるので、「駐車場が空いてなくて車を停められなかった」なんて心配はありません。
(※団体利用やイベント開催時はそれなりに混むようです)
芝生広場に隣接しているのは第4駐車場ですが台数は少なめなので、一番下の第3駐車場に車を止めて、花を観察したり鳥のさえずりを聴いたりしながら遊歩道を芝生広場へと上っていくのが、我が家の定番コースです。

おすすめ4、親子トイレがある

公共施設はトイレが和式のところも多いですが、この公園はママと子どもが一緒に入れる親子トイレがあり、子ども用のは小さな洋式なんです!
トイレトレーニング中や和式トイレをまったく知らないお子さんでも、これなら安心ですね。

公園内に飲み物の自動販売機はありますが食べ物を買えるところはないので、お弁当やおやつを持っておでかけください。
(余談ですが、公園の道をはさんだ向かいにあるベーカリーカフェ「ダーチャ」は、日曜・祝日が定休日です)

お問い合わせは東御市体育協会(指定管理者)まで

About the author

ともっち

神奈川県小田原市出身。一児の母。
イベントやお出かけが大好きで、子どもをだしにして実は自分が遊びに行きたい!
食べることも大好きで、レシピ本を眺めては「これ、つくってみたいなぁ」「パンづくりを再開したいなぁ」と思う日々です。