くらす

本屋を訪ねて~上田市 コトバヤ~

Written by takehana

上田駅に繋がる大通りから少し入ったところに、石畳と古民家が立ち並ぶ通りがあります。
そこは旧北国街道柳町通り。柳の枝が揺れる入口を入って、すぐ右手にあるのが古本屋「コトバヤ」です。

SONY DSC

店主は高橋さとみさん。
ここに移転してきたのはおよそ4か月前の2016年4月のこと。それは、独立のため。
それまでは(株)バリューブックス侍学園 スクオーラ・今人が経営するお店で、サポートステーションシナノの1階にありました。

これからこの新しい場所で、やりたいことがたくさんあるという高橋さん。なぜどうして今に行きついたのか?そんなことを、聞いてきました。

本は好きでした

SONY DSC

SONY DSC

昔から本は好きでした。
今でも、子どもの時に好きだった本に出くわすと、すごく感動します。思い出に残っている本というと、「もりのこびとたち」という絵本ですね。
この絵本は“こ”の字が上下つながっている字体で、それを子どもの私は“て”と見間違えて、「もりの“て”びとたち」だと思っていたんです。その絵本を大人になって見たとき「あ!」と思いました。今になってみるとなんで好きだったのかな、なんて思います。

ペイントの仕事と本屋と迷いました

SONY DSC

ものを作ることが好きで、コトバヤを始める前はペイントの仕事をしていました。

今のこの移転してきた店舗を改装しているときも、自分でペイントしました。そのときに以前自分がペイントの仕事をしていた頃の先輩に、手伝ってもらおうと連絡をしたら、逆にペイントの仕事があるよと言われたんです。
そこで、出稼ぎに行って仕事をしたら、「やっぱりこういうペイントの仕事がいいな」と思いこういう仕事探せるかな?と考えて探したりしました。

これから自分で経営していくと独立を決めたのに、代わりにこの店をやってくれる人いないかな、と「誰かコトバヤやりたい人―!」なんて声をかけたりしていました(笑)

立ち上げから関わった「コトバヤ」

SONY DSC

コトバヤをつくるときには、立ち上げから関わりました。(株)バリューブックスと侍学園 スクオーラ・今人が経営するという形で始まり、その時の侍学園の理事長さんが、私の高校時代の担任の先生だったことから、立ち上げのときに誘われたんです。

お店をまるごと任せてもらって、かなり自由にやらせてもらっていました。それがとてもありがたかったです。以前のお店がなければ今、やっていないと思います。

当時は私ともう一人、侍学園の事務の女性と一緒にやっていました。彼女が保育士だったということもあり、選書の多くが絵本でした。

移転した今のお店では、ジャンルがぐちゃぐちゃでもいい!と、自分が面白いと思った本を選書しています。

独立を決めて、縁に導かれた場所~柳町通り~

SONY DSC

SONY DSC

物件を探していたときは特に柳町で探していたということもありませんでした。いくつか見させてもらって、ここがいいかなと思いました。

そこで知り合いの人に大家さんと繋げてもらって会ってみたら、移転前の店舗に来てくれていたお客さんでした!むしろここでやって欲しいと言っていただきました。

そんな所から縁を感じて、この柳町通りに仲の良いお店もあったので飛び込んでみてもいいかな?とここにすることに決めました。

「前よりいい!前も良かったけどね。」と言われます。

SONY DSC

SONY DSC

前の店舗のときから来てくださっていたお客様は、「雰囲気が変わりましたね!」とおっしゃる方が多いです。前は白い壁に赤いイスなどが置かれていましたが、今は古民家を改良したので、茶色ベースでまったく印象が違います。

また、ここに移ってから観光客の方が増えました。ただ、本というよりも飲み物目当てで来店される方が多くて・・・。

真田の本を置くというのも集客のひとつですが、別の方法で観光客の方々を引き付けたい!と考えています。

楽しいと感じるのは「お客さんに喜んでもらえること」

SONY DSC

自由に店づくりをしていることも楽しいです。この今の店舗をオープンするときも、お世話になっていた方や友達が手伝ってくれて、みんな店づくりを面白がっていました。自分で描いた絵を飾ったり、作ったリースを飾ったり。

SONY DSC

このガチャガチャマシーンは私が置きたいと思っていたものです。お友達にもらった祝い金で買いました。中に私が手作りした消しゴムハンコが入っています。

SONY DSC

パクチーを販売してみたり、蚊除け草を販売してみたり・・・買って行かれる方が結構いて、「パクチー売ってる!」なんて通りを歩いている人のおどろきの声が聞こえてくることもあります。

SONY DSC高橋さんのお母さんの手作りのニット小物も。

SONY DSC飲むとはまってしまう、ヨーグルッペ!お風呂上りにぴったり!これを広めたい、という高橋さん。

コトバヤはコトバヤ!

移転前から合わせると、コトバヤは5年と9か月になります。

独立前も今も、自由に楽しんでやっています。
今は友達のお子さんが「ここに来ると眠くなる」なんて言っています。そんなリラックスできる「気の抜けるお店」にしたい。

長く続けられるように頑張ります!

高橋さん
プロフィール
高橋さとみさん
2010年より侍学園スクオーラ・今人に所属。サポートステーションシナノの1階にて、「コトバヤ」を始める。
2016年4月から今の上田市柳町にて独立移転オープン。

店舗情報
営業時間:11:30~18:30
営業日:不定休(Facebook)毎月予定アップしています。
住所:長野県上田市中央4-8-5
URL:
https://m.facebook.com/kotobaya.net/

取材に伺った私も長居してしまいました。
とてもくつろげる空間が、そこにはあります。
ぜひ一度足を運んでみてください。
素敵な時間と出合いが待っています。

文:takehana 写真:なみへい

About the author

takehana

長野県飯山市出身。1児の母。
おしゃれが好きで、最近はリンクコーデを満喫中!
でもお家にいることが好きなので、ハンドメイドや本を読むこと、かわいいインテリア集めなど、インドアで出来ることを楽しんでいます。