あそぶ

上田市の子育てひろば紹介① 嬉しい!ミシンがある!清明子育てひろばに行ってみた

Written by えみちん

こんにちは。乙女系かあちゃんのえみちんです。
2歳になりいよいよ活発になってきた我が家の末娘。つい最近まで行動範囲が狭かったのに、今では母の目を盗み、色々ないたずらをするようになってきました。
しまっておいたはずのおやつをこっそり持ち出し、押入れの中でもぐもぐ。
障子をびりびり、畳んだ洗濯物をぐちゃぐちゃと色々やってくれます。
私のストレスがかなりたまるので、こういうときは親子で楽しめる「子育て支援センター」や「子育てひろば」に遊びに行きます!
そこで、友人に教えてもらった子育てひろばがおもしろそうなので行ってみることにしました。

ありがたい!子育てひろば×ミシン

p1050983

なんと上田市中央にある子育てひろば「清明子育てひろば」ではミシンが設置されているのだそう。
確かに家でミシンを広げるのは大変で、子どもたちにまとわりつかれながら入園グッズを作るのは至難の業でした。
そんな大変な思いをした経験があったので、
「子育てひろばにミシンがあるなんていいかも…」
ということで、早速ママライター「はおはお」さんと「かおるん」さんと一緒に行ってきました!

p1050992

清明小学校の北側の建物の2Fが清明子育てひろばです。
(後ほど地図をご紹介しますね)
初めての場所でドキドキ。
こちらの名簿に名前を書いて、ガムテープにお子さんの名前を書き、背中か肩につけましょう。

のんびりゆったり◎ママや子どもの憩いの場

p1060011

部屋に入ると既に大勢のお子さんたちが遊んでいました。

p1060007

ボールプールで思い切り遊べそう!

p1060003

ハロウィンの壁面飾りもかわいい◎その季節に合わせて、先生方が作っているのだそうです。

p1050998

おお!お父さんも来ていますね◎「ここで子どもと遊ぶのが楽しいです~」

p1060033

手作りおもちゃも発見。ク、クオリティが高い◎

p1060043

お昼はこちらのランチルームで食べられます。

p1060045

おむつ替え用のベットがあったり、1Fにはベビーシートのある親子トイレもあったりするので、トイレトレーニング中のお子さんや、赤ちゃん連れのママにも安心して使えますね◎

ミシン発見!入園時期前は行列もできる

お部屋の一番端に、子どもが入れないように安全に配慮された場所がありました。そこに2台のミシンが!

dsc_0141

こちらのママさんは、空いた粉ミルク缶を使ったおもちゃ作りをしていました。
お子さんは、お部屋の中の友だちや先生と一緒に遊んでおり、ママさんも
安心してミシンを掛けることができていましたよ。
これはいいですね◎私もやりたい!

dsc_0138-1

お子さんの入園時期が近くなると、手提げや袋物などを作るために、順番待ちの時もあるのだとか。確かにこちらを利用すれば、集中して作れますね◎そしてちょっと子どもと離れて自分の時間ができ、いい気分転換になるかもしれません。
わからないことは、先生が教えてくださるのでそれも安心◎私は裁縫も料理も苦手なので、色々お聞きできる先生がそばにいたら、とてもありがたいですね。

達成感で満たされる!毎月楽しみ◎工作イベント

p1060012

こちらのひろばオリジナルの取り組みで、ママたちにも人気のイベントをご紹介!毎月1人1つ、小物づくりができます。作るものは毎月変わり、今月は「はぎれを使った小物づくり」でした。最近かわいいインテリアなどでよく見かける、フラッグガーランド作りができます◎

p1060017

はぎれは、ありがたいことに地域の方々から寄付されたものがたくさんあるので、広場へ来てから選んで使ってもいいそうです。もちろんおうちから、持ってきてもOK。もう使わないお子さんのエプロンやお弁当袋など、思い出の布でガーランドを作るのもおすすめだそうですよ。(先生談)

ここでもお子さんを遊ばせながら作ることができるので、
「毎月1回は必ず来て作るんですよ!」とおっしゃっているママさんもいました。
集中してものづくりができ、子育て中のママたちに足りないといわれる「達成感」を味わうことができますね。

「いつでも遊びに来てね」

p1060024

「お母さんと子どもさんの笑顔がたくさん見ることができて楽しいんですよ」
そうお話ししてくださったのは清明子育てひろば職員の澤路春代先生。
開所当時からいらっしゃるとのことで、なぜミシンや小物づくりを始められたのかお聞きしてみました。

p1060001

ミシンを設置して3年目。ママが作った手作りアイテムをお子さんが持つことにより、ものを大切に使ってほしい、ものを大事にしてもらいたい…という願いがあるのだそうです。また、時間のないママでも、ここに来ることで、手作りに挑戦してほしいという願いもあり、ミシンを設置しているのだとか。小物づくりは、「クオリティにも気を付けてテーマを決め、大人が達成感を得られるようなものを考えています。」とおっしゃっていました。

p1060014

また、この子育てひろばは「利用者の方々が作り上げたんですよ。」と先生。家で使わなくなったおもちゃやぬいぐるみ、はぎれ布も地域の利用者さん(ママたち)が寄付してくださっているのだそうです。地域で子育てのリレーをしているみたい◎なんだかいいですね。

まとめ

清明子育てひろばは、中央地区の民生委員さんが始められたそうです。その後2008年に上田市から上田市社会福祉協議会が委託を受けて運営を開始。現在は3名の職員が主となり上田市子育てサポーターさんの力を借りながら、子育て中のママたちの相談役となっているのだそうです。
利用しているママさんからお話を聞くと
「ここにくると安心する」
「先生たちと話をすると前向きになれる」
「行きやすいし入りやすい。迎え入れてくれる」
「ママ同士も繋がれてうれしい」
「時代は違うけど子育てしてきた先輩たちの意見を聞ける」
この場所が、ママたちの心の拠り所になっているのですね。

マニュアルがない子育て。毎日様々な不安が多く、戸惑うこともたくさんあります。
そんなときは、先生やママ仲間とぺちゃくちゃお話しをするのも、えみちんおすすめです◎
ミシンを掛けに、遊びに、息抜きに、相談に、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

【道案内】清明子育てひろばへ行ってみよう

上田市役所を左に見ながら進み、上田第二中学校前の小道を右折します。

p1060051

わかりづらいのでもう一枚。
ここを右折です。狭い道なので、運転には気をつけて。

p1060052

右に清明小学校が見えてきました。校舎北側、清明小学校の旧校舎2Fが「清明子育てひろば」です。

p1050978

ここを右折します。ちょうど消防署の真裏になります。

p1050977

車は、左の広い駐車場へ停めましょう。(30番台から停めていきましょう)

p1050980

木のドアから入ります。
p1050982

こちらが入り口。

p1050983

靴はここに入れましょう。

p1050986

レトロな校舎で素敵☆1階には児童クラブやトイレがあります。

p1050985

突き当りの階段を昇ります。

p1060048

到着!こちらの奥です◎

清明子育てひろば(清明児童クラブ2F)
連絡先・0268-22-2252
開催曜日:月・水・金曜日(9:30~14:30)

About the author

えみちん

長野県佐久市(旧望月町)出身。3児の母。
身長172㎝、肩幅広めのがっちり体型。けれど恋愛ドラマや妄想でキュンキュンしちゃう「乙女系かあちゃん」です。子どもたちと、赤毛のアンと、まんまるどんぐりと、立派なまつぼっくりが大好き◎