プロジェクト

「いよいよ最終回!今後もサンタ軽金属工業さんから目が離せない!」 サンタ軽金属工業vol.12

Written by しばちゃん

こんにちは。
上田のゆるふわちゃっかりママのしばちゃんです。

9月10日のママルシェに初出店されたサンタ軽金属工業さん。
その後、何か反響はあったのでしょうか。
ちょっと気になりますよね?

今回は、ママルシェ出店後のサンタ軽金属工業さんを取材してきました!

これからも改善していきたい基板パズル

160923_5

ママルシェでは、基板パズルに興味を持ってくれる方はたくさんいましたが、
今のところ注文までには至っていないそう。残念!

「もっと手頃な価格で提供できる形を考えたいですね。」と山崎さん。

そうですよね!
家計のお財布を握るママにとって、値段は外せないポイントです。

160923_3

また、ピースとピースをつなぐ凹凸が小さすぎて、
小さい子どもが扱いにくそうな様子も気になったそうです。
これは、ピースの凹凸を大きくすることで改善できそうですね◎

他にも、パズル自体が大きいため、音が鳴る仕組みを形にするのに苦労されたとか。
「この仕組みももう少し改良したいと考えています。」
そうおっしゃる山崎さん。

今後基板パズルがどう改良されていくか、楽しみです!

あのクラフトテープが!?

160923_6

基板パズル以外にも、水野図案室さんがデザインされた基板柄クラフトテープやプリントTシャツなど
出品されていましたよね。
それについては何か反応はあったのでしょうか?

「実は、クラフトテープが長野ADCに入選したんですよ!」と宮澤さん。

ここで長野ADCを簡単にご紹介します。
長野アートディレクターズクラブの略で、長野で活動しているさまざまなジャンルの
クリエイターが個人の資格で参加・運営する会員組織なのだそう。

年1回、作品を募集し、日本を代表するアートディレクターに審査してもらえる
機会があり、このたびあの基板柄のクラフトテープが入選したとのこと。

これにはママライターも驚きです!

また、プリントTシャツも、何やらお問い合わせがあったそうですよ。
出品したものそれぞれで反応があって、私たちも嬉しく感じました◎

新しいことにチャレンジ!

160923_2

「基板とは関係ないのですが…。」と、ここで宮澤さんから面白いお話が。

160923_7

「実は、社員でチームを作って駅伝に出場することになったんです!」

ええっ!?駅伝!?
またまた驚き!しかも今回が初出場なのだとか。
最初は7人1チームでエントリーするつもりが、メンバーが予想以上に集まり、
14人2チームになったとのこと。

仕事はもちろんですが、それ以外のことにもチャレンジする気持ちや、
チームワークの良さが伝わってきました◎

まとめ

160923_1

他にも、まだ公にできないプロジェクトがあるそうです。
どんどん新しいことに挑戦しているサンタ軽金属工業さん。
半年間、私たちママカラメンバーとの共同企画に携わってくださり
誠にありがとうございました!

基板パズル企画は今回で最後となりますが、
これからも、サンタ軽金属工業さんの魅力を見つけては
発信していきたいと考えております!

<終わり>

About the author

しばちゃん

広島県福山市出身。1児の母。
食費を節約するために、日々、パパ、子ども、自分のお弁当作りに励んでいます。
とは言うものの、月1回の外食(がっつり焼肉など)も楽しみながらゆるーく、
継続して節約できる方法を模索しています。