あそぶ

上田市の子育てひろば紹介④広い遊戯室でおもいっきり身体を動かそう!神科子育てひろばに行ってみた!

Written by かおルン♪

こんにちは。美味しい食事と楽しいお酒をこよなく愛するかおルン♪です
わが家の2歳の息子は、身体を動かすのが大好きで毎日クタクタになるまで遊んでいます。
近所の公園で走り回るのも楽しいですが、雨の日が続くと何日も庭や公園に行けないのでエネルギーが発散できず面白くない様子。私もそんな状況ではストレスが溜まってしまい困ってしまうこともしばしば。
そんな同じようなお悩みをもつママさんも多いのではないでしょうか?
そこで、広い遊戯室があるという神科子育てひろばという所へ先輩ママライターのえみちんと行ってきましたので紹介します。
p1060413

広い遊戯室で思いっきり走り回ろう!

上田菅平インター近くにある『神科児童センター神科子育てひろば』は広い遊戯室が魅力とのこと。
2歳を過ぎて行動の幅が広がり、あちこち走り回りたいわが子にはピッタリ◎
でも小さい子が遊びまわれる遊戯室ってどんなのだろう?
p1060338
入館したらまずしっかり手洗い。子どもが分かりやすいように絵が手を洗う順番を教えてくれます。
p1060377
受付の壁には先生手作りの飾りがお出迎え。今月は『おむすびころりん』でした。
名簿に名前を記入して、名札代わりのガムテープにお子さんの名前を書いて服に張り付けたら準備完了!!

手作りのアスレチックで身体を動かして平衡感覚を養える

広い遊戯室の真ん中には先生が構成したアスレチックがあり、その周りにも面白そうなものがいっぱい。
p1060343
どれから遊ぼう…迷いながらも目についたものを端から試す子どもたち。
p1060348
トランポリンやトンネルなど、広いからこそ楽しめる遊具がたくさんありました。
冬はビニール袋を使った凧あげで遊戯室中を走り回るのだそう。
アスレチックは形や固さの違う色々なスポンジの上を渡っていくもの。
お子さんがママと手を繋いでバランスを取って渡っています。
慣れると一人でピョンピョン渡っていくそうですよ。
p1060349
遊びながら平衡感覚を鍛えられるのはありがたい!
p1060357
ぬいぐるみやお手玉、コマも発見。
先生の手作りバックもありました。
p1060350
赤ちゃん用のコーナーもあるので小さな赤ちゃんが一緒でも楽しめます。
上の子はいっぱい動きたいのに、下に小さな赤ちゃんがいると外にずっといるのは難しいですし、ママも大変ですもんね。

やわらかな日差しが差し込む和室も◎

絵本や木のおもちゃ、おままごとグッズなどはこちらにあります。
p1060388
先生おすすめの『月間絵本0.1.2シリーズ』や『母の友』も揃っていました。
p1060396
こちらにある本は3冊まで借りることができ、先生お手製の図書袋も使えます。

畳に座って絵本を読むのって懐かしくて落ち着きますね。
p1060395
おままごとのラーメンもリアル。
お椀にジャストで入って、しかも美味しそう◎
イベント情報のチラシなども和室の壁に貼ってありました。
遊戯室でしっかり身体を動かしてから、和室での時間を楽しむ親子も多いのだそう。

お片づけの時間とトトロの時計

お片づけの時間には「ピッピッ!わっしょい!」のかけ声で積み木をのせた台車をひいたり、力を合わせて遊具を片付けたりします。
お片づけが終わるとかけっこの時間で、子ども達がそれぞれアンパンマンやトーマスなど自分の好きなキャラクターに変身して元気いっぱいに走り回るのだそう。
また、子育てひろば入り口の壁にかかっているトトロの時計は12時になると音楽と共にトトロが出てくるので子ども達に大人気のようです。

日常のさりげない話をしましょう

「子どもに向けてだけでなく、ママにも心をこめて接しています」
と笑顔でお話ししてくださったのは、山浦洋子先生。
「一人ひとりとゆっくり話をし、ママと子どもの元気な笑顔を見られるのがとても嬉しい」とおっしゃっていました。丸尾ふみ子先生は「来てくれた親子さんが心を通わせている姿や、まわりの方々との交流している様子などを見られることが一番嬉しいです。ここに来てよかった!と思える雰囲気づくりを心がけています」とおっしゃっていました。
また、こちらは放課後小学生が集う児童センターにもなっており、二人がスタッフに入ることもあるそうです。小さい頃にひろばで遊んでいた子どもたちが成長して先生に声を掛けてくれることもあるそう!お子さんの成長が見られて素敵ですね◎
p1060408
山浦洋子先生と丸尾ふみ子先生

毎月いろいろな講座もやってます

このひろばでは月に1度さまざまな講座を開催しています。
9月は小麦粉ねんどにパプリカパウダーや抹茶、ウコンを混ぜて色を作り楽しんだそうです。10月は12日に講師を招いてベビーヨガをしました。
12月はクリスマス会を開催予定だそうです!お近くの方、興味のある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

まとめ

世の中のお母さんが孤独化していくのを心配した主任児童委員さんが、ボランティアでまず大星に子育てひろばを立ち上げました。その後神科にもひろばを作ったそうです。平成19年には上田市から社会福祉協議会に4ヶ所受諾されました。(大星子育てひろば、神科子育てひろば、東塩田子育てひろば、清明子育てひろば)それぞれ職員を2人ずつ配置し、ボランティアさんと共に開設されています。
利用しているママさん達もここに来るのが楽しいようで、お話を聞くときもみなさんニコニコされていました。
2歳の男の子のママ
「子どもが徐々に活発になってきた。ここのひろばは思いきり身体を動かせるし、乗り物がたくさんあるので楽しい」
2歳の女の子のママ
「普段は仕事をしています。平日の休みには子どもと一緒に自宅近くのこのひろばに来ています。広くてのびのび遊べて楽しい」
お孫さんと一緒のおばあちゃん
「上の子の時からよく利用しています。広いしおもちゃもいっぱいあるのがいい。身体を動かして遊べるのもいい」
p1060381
ボランティアさんからも「二人の雰囲気がとってもいいのよねぇ」と言われるそうです。
毎回の利用者数が多すぎないのも魅力のひとつで、先生や他のママとゆっくり話をしたり、子どものペースに合わせて遊ばせられたりするのもママには嬉しいポイントですね。
これから寒くなる時期なので大人も子どもも身体が固まりがち、先生方のあたたかい雰囲気に包まれながら広い遊戯室で思いきり身体を動かして元気に冬を楽しんでみませんか?

さぁ、上履きもってレッツゴー!

道案内は次のとおりです。
上田市内から上田菅平インターに進み、その手前の住吉中央または神科で左折。長島自治会館の看板を左に入ると大きな建物が見えてきます。
img_20161005_093104
手前の駐車場に車を停めましょう。
img_20161005_093245
先生がお世話をしているお花もお出迎えしてくれますよ。
img_20161005_111421
遊戯室なので親子ともに上履きを持参してください。

神科児童センター子育てひろば
連絡先:0268-25-2055
開催日:毎週 火・水・木(9:30~12:30)食事はできません。
※年末年始、お盆、祝祭日など休館するときもあります。
※祝祭日が開催日と重なった場合は、月曜か金曜が振替日となります。
※神科小学校が休みのときは児童のみなさんと一緒の利用になります。お兄さんお姉さんが優しく 遊んでくれることもあります。

About the author

かおルン♪

長野県松本市出身。2女1男の3児の母。
子どもと一緒に早寝早起きの健康な毎日を送るかたわら、風呂上りの一杯に幸せを感じています。