あそぶ

【2017】上田の夏は「祇園祭」と「わっしょい」から始まる!

Written by かおルン♪

まちにまった「祇園祭り」と「わっしょい」のお祭りシーズン!
これが始まると上田の夏が来た!と感じる方も多いのではないでしょうか?
子連れでも安心◎お祭りの見どころをご紹介します!

トップバッターをきるのは「祇園祭」!

7/22(土)・23(日)に開催される上田祇園祭は、宮みこし・樽みこし・子どもみこし総勢81基・また花車などが昼間は各自治会を回り、夜は商店街や中央交差点を中心に練り歩きお祭りを盛りあげます!
今回は、祇園祭の見どころなど、信州上田祇園祭実行委員長の堀内さんにお話を伺ってきました。

祇園祭って?


昔、京都のあちこちで疫病が流行り大勢の方が亡くなり、時の天皇や公家達はこの疫病の原因が怨霊のたたりや呪いであると恐れ、八坂神社に祭られている「牛頭天皇」(こずてんのう)の力を借りて鎮めようとしたのが祇園祭の始まりです。一方、上田の祇園祭ですが、一説には1147年前に滋野信濃守が京都と同様に疫病が流行っていたこの地域に祭りを広め各神社の氏子達によって行われ、その後、真田昌幸の上田城築城を機に今の様な「御城祭り」へと変わっていったと考えられます。
このように、祇園祭とは地域の疫病・厄災を鎮める…特に当時はとても弱かった子どもたちの健やかな成長を願うお祭りですので、基本的に子どもが主役です。現在は少子化で、とても古い写真の様に大勢集まることは出来ませんが、是非、上田祇園祭に参加して地域の人達との交流を深めていただきたいです。

【見どころ①】昼間の練り歩き


昼間は小学生~未就園児の子どもたちが、子どもみこしを担ぎ練り歩きます。大きなかけ声が町内に響き、わくわくしてきますし、子ども達がみこしを担ぐ姿が近くで見れるのも嬉しいですね◎

【見どころ②】夜の中央交差点にておみこし練り歩き


夜の部は大人から子どもまで、沢山のみこしが上田市内を盛り上げます!全てが見所ですが、中央交差点、海野町通り、横町交差店等には常にお神輿や山車がいる状態です。参加する36の自治会が趣向を凝らして表現する場所は中央交差点です。新調した神輿、修復が完了した神輿もあり、粋で勢いのあるみこしが多いので、担ぐ姿に元気をもらえますよ!各町会の特色を比べてみるのも楽しいですね。

私も参加したい!地域自治体のお祭りに参加もできる


自治会に加入していれば、お揃いの法被を着て一緒に参加することができます。地域の人達の顔が一堂に会する祇園祭では、役員だけでなくても自分が出来ること積極的に行い「皆で祇園祭を盛り上げよう」という気持ちで取り組みます。年齢を問わず地域の方との交流を深めることもできます。お祭りの準備など、親が一生懸命に作業する姿は子どもたちにとって、誇らしく感じるのではないでしょうか◎

【注意事項】
・交通規制 7/22 午前10:00~12:00 午後5:30~9:30
・夜でも熱中症になる場合がありますので、十分な水分補給と塩分の摂取をしてください。
・中央交差点は、みこしの進行通路のため、横断は大変危険です。
・縁石等に腰を下ろしての見物は危険ですのでご注意ください。
・ゴミの放置は厳禁です。
・会場周辺には、赤ちゃんステーションもあるので安心です。

暑い夏、小さな頃に味わったお祭りの楽しさ。自分の子どもにお祭りの楽しさを伝えるために、それぞれが生まれ育った地域へ帰郷する方も多いのではないでしょうか。
威勢の良い掛け声はもちろんですが、粋な着こなしや表情、自治会が自慢の神輿を担ぎ元気を届ける上田祇園祭。ぜひ、お楽しみください。
(祇園祭写真提供:竹田富夫様)

7/29開催!『上田わっしょい』

おみこしに始まり、踊りや太鼓が上田の夏を盛り上げる「上田わっしょい」!昨年は総勢133の団体(連)が参加、見物客は10万人と上田市を代表するお祭りです◎
今回は当日の見どころ、子連れで行くときに知っていると安心なポイントを上田市観光課の西沢さんに教えてもらいました。
開催場所:上田市街地
交通規制あり:16:00~、18:00~の2段階規制

【見どころ①魅力的な各連】

・みこし連 16:00~18:00

 

・太鼓連 18:30~終了まで

 

・踊り連 18:30~終了まで
飛び入り参加できる連もあり。踊りたくなったらぜひ!

 

恒例になったサマーウォーズ連も!

お子さん連れに耳より情報!

・トイレ
前日、新聞に折り込まれるチラシに、トイレの位置が記載されているのでチェックしておくのもオススメ。(当日は商工会議所本部でも配布されます)
曲の合間の休憩時間は、連で参加している方々もトイレに行くので大変混みあいます。ご注意ください。
・ケガ、迷子
商工会議所本部・駅前警備本部には看護スタッフやお祭りのスタッフが待機しています。ケガや迷子など、困ったら近くにいるスタッフにご相談を。

まとめ・お願い

「市民みんなのお祭りです。参加でも、見物でもまずは楽しんでほしい」と西沢さん。
屋台も多く出ますし、オリジナルの踊りや、衣装にこだわった連を見て回るのも楽しそうですね。
しかし、踊っている連の間を横断するのは危険です!早くは無いですが連は進んでいますし、踊り手さんは、ほぼ前方しか見えていません。急に横から人が出てきても対応できず衝突の危険があるそうです。
今年も盛り上がること間違いなしの『上田わっしょい』。家族みんなで熱い上田の夜を楽しみましょう!

About the author

かおルン♪

長野県松本市出身。2女1男の3児の母。
子どもと一緒に早寝早起きの健康な毎日を送るかたわら、風呂上りの一杯に幸せを感じています。