くらす まなぶ

夏は気をつけたい!乳幼児の熱中症

Written by さっちん

こんにちは!暑さとイヤイヤ期の娘に振り回されて毎日グッタリのさっちんです。毎年夏が来るたび、「こんなに暑かったっけ!?」と思うこともしばしば。外にでるのが憂鬱になってきました。
外の暑さなんておかまいなしの娘は、いつも「お出かけしよー!」とせがんできます。そんなとき気になるのが子どもの熱中症対策です。まだ体温調節機能が未熟な乳幼児……。大人よりも地面に近い位置にいるため体感温度は大人よりも約2~3度高いこともあります。この差って大きいですよね!

そこで今回は保健師の高寺さんに、ママができる乳幼児の熱中症の対策、予防について詳しく聞いてきました。

熱中症の初期症状の見分け方やかかったときの対処法

https://www.ac-illust.com/


—熱中症にかかったときの症状は?
初期:
大人であれば目まい、立ちくらみ。乳幼児であれば元気がなかったり、おしっこが出ていなかったり、泣き声が弱々しい、ぐったりしている、そんなときは熱中症の可能性があります。涼しい場所に移動して水分をとり安静にしましょう。
中度:
嘔吐、暑いはずなのに汗が出ていない、手足が冷たい、顔色が青白いなど。
対処は初期と同じように涼しい場所へ移動して水分補給、脇や首、足の付け根などをタオルで巻いたアイスノンで冷やしてあげましょう。乳児の場合は、濡らしたタオルでOK。
重度:
痙攣、意識障害(呼びかけに反応しない、会話がおかしい)場合はすぐに救急車を呼びましょう。
乳幼児は症状を自分で言えません。回復も早いですが悪化するのも早いので、初期段階を過ぎた場合は病院で受診してください。

—発熱を伴った場合、解熱剤は使用していいの?

https://www.photo-ac.com/

熱中症は体内の水分バランスが崩れているので、解熱剤は自己判断で使わないでください。発熱した場合は、病院で受診をしましょう。

—ふだんの水分補給は赤ちゃん用のスポーツドリンクを飲ませたほうがいいの?

https://www.photo-ac.com/


スポーツドリンクは糖分が入っているので注意が必要です。日常の水分補給の場合は、白湯や麦茶などの甘くない飲み物で十分。
また、乳幼児に冷たい飲み物は少し体に負担がかかってしまうので、常温にしてから飲ませましょう。お味噌汁や野菜スープなど、塩分や野菜も摂れるので普段の食事から取り入れるのもおすすめ。

ママができる対策や予防法は?

https://www.pakutaso.com/


1.ベビーカーやチャイルドシートは日射しをしっかりとさえぎるようにしましょう。
車内はクーラーで冷えていてもチャイルドシートは熱いままの場合もあります。チャイルドシートの素材には発砲スチロールが使われているので、熱が逃げにくいのです。お出かけして、車から離れるときはアイスノンをチャイルドシートの上に設置する、バスタオルをかけて直射日光が当たらないようにするなど工夫が必要です。

https://www.photo-ac.com/


また、赤ちゃんが寝てるしほんの数分だから……といって車内に置き去りにするのはやめてください!車内は10分程で50度くらいになる場合もあります。チャイルドシートに守られている乳幼児には、もっと高い体感温度になることも!

2.室内だからといって油断しない
日射しがないからといって油断しがちな室内。部屋の中でも空気がこもっていると熱中症になります。

https://www.photo-ac.com/


エアコンや扇風機を使って部屋の温度調節もしっかりしましょう。乳幼児に直接冷風があたらないように工夫してください。

3.服装にも注意
暑いからといってタンクトップや短パンなどは、皮膚が直射日光にあたると体感温度が上がってしまいます。通気性のいいTシャツや半ズボン、帽子を着用させてください。また建物内は冷房が効いているので、薄手の生地のはおりやレッグウォーマーなどで体温調節してあげましょう。

生活リズムが大切

https://www.photo-ac.com/

体温調節するのは「視床下部」という脳の中枢にある組織。この視床下部の働きは、体温調節をしたり、自律神経を整えたりと重要な働きをします。生後3ヶ月から働き、4歳になるころにはほぼ完成するといわれているため、乳幼児期はまだ体温調節がうまくできないのです。この視床下部を育てるには、「早寝早起き」が大切!

まとめ

熱中症と聞けば水分補給や涼しい場所で安静にすることは知っていたものの、生活リズムも重要だったことは初耳のさっちん。まさに早寝早起きは三文の徳!子育て中のママは、いろんなことに手が回らず忙しいと思いますが、子どもの初期症状を見逃さないように症状をよく観察して、悪化しないように対処することが大切です。熱中症は事前に対策することで予防することができます。こまめな水分補給と、体の熱を逃がす方法で暑い夏を乗り切りましょう!

About the author

さっちん

大阪府出身。一児の母。
子どもには大阪弁をしゃべってほしい!という思いから絵本の読み聞かせをわざと大阪弁で聞かせています。
粉もん大好き!なにわのさっちんです。