くらす

身近なものを「モノづくり」の力でゲームに変身!《イベント情報あり》

Written by HanaLab.UNNO

うむむむむ…

おっ…

おおおお~

よっしゃ~~!!

「ん? もしかしてもう撮影始まってます?!」



こんにちは。柚木です。
この出だしの茶番やってみたかったんですよね。ふふ。

さてさて、私が極度の運動不足であることは全俺の中で有名なわけですが、本当に運動不足です。「柚木さんって何か運動してるの?」と聞かれたら、「車のアクセルを踏むくらいですかね!」と元気よくお答えしております。

そんな中、今日はFab古民家さんに遊びに来ています。
fab古民家で何やら “身体を動かして遊べるもの” が開発されたという噂を聞いたので、なぜか私が真っ先に体験に来てみました。

Fab古民家とは
長野県上田市にあるメイカーとメーカーのためのオープンスペースです。3Dプリンタやレーザー加工機に代表される工作機器が広まってきた昨今、個人や小規模なグループでも製品開発が出来るようになりました。Fab古民家は、新たなトレンドを取り入れて斬新なモノづくりをするメイカーと、経験と実績のあるメーカーが交わる場所です。http://fabkominka.pigmal.com/


それでは、早速紹介していきますね!!


「パチパチフラッピー」

この記事の冒頭で遊んでいたものになりますが、私に似ていると極限られた界隈で有名です。(ドヤ)

もともとは、100円ショップで売っているもので、下記の動画のように音を鳴らす楽器です。

これはこれで100円とは思えないクオリティの高さなのですが、その楽器にちょいちょいと細工を施しまして、、

ゲームのコントローラーに早変わり!

た、たのしい、、こんなに単純なのに、、なぜか悔しい。
でもこれってそんなに “身体を動かして遊べるもの” ではないですよね?
極めて運動不足の私の右腕はじんわりと疲れているのだけれども。。握力。。


「IoTトランポリン」

お次は、トランポリンです。これは身体を動かせそう。

このトランポリンには、加速度センサーが埋め込まれており、
ジャンプするたびにそのセンサーが反応するようになっています。

加速度センサーが反応するたびに、スクリーンに表示されている壁紙の色が変わるように設定してあります。室内を暗くして、、

早速ジャンプしてみたいと思います…!!!

これはハマる。。楽しい。。
そして運動不足がたたりすぎて身体がバラバラになっていく感じがする。。おそるべしIoT。(翌日、ふくらはぎと背中が筋肉痛になりました。)


これらを体験できるモノづくりイベントが開催間近!

fab古民家で制作された「パチパチフラッピー」、「IoTトランポリン」に興味を持っていただいたかと思いますが(持ってくれましたよね?!)、実際に体験できるビックなイベントがあります。それも今週末10/8,9に迫ってまいりました!

上田モノづくりフェス、略して「上モノフェス2017」がサントミューゼで開催されます。「上モノフェス」は「ものづくりを楽しむ人=メイカー」たちが集まり、お祭りのように地域や年代、企業の枠を超えて「ものづくり」での交流できる展示・体験イベントです。メイカーによる製作品の展示や、親子でも大人でもものづくりを楽しめるワークショップが開催されます。fab古民家以外にも約20団体が出展予定です。

去年のイベントレポート ▷ https://fabcross.jp/topics/event_report/20160303_uemonolab_01.html

[日時]
2017.10.8(日) 12:00 –17:00
2017.10.9(月) 10:00 –15:00
[会場]
サントミューゼ 大ホールホワイエ・芝生(GoogleMap
[詳細]
公式HPより最新の情報をご確認ください。

[主催] 上モノフェス実行委員会・上田市創業支援プラットフォーム
[後援] 上田市・長野県・上田商工会議所・上田市ものづくりキャリア教育推進検討委員会

モノづくりの楽しさを体感できる良いイベントになるかと思いますので、是非遊びにくてくださいね!(fab古民家のブースはマストでお願いします!)

About the author

HanaLab.UNNO