くらす あそぶ まなぶ

レポート!育児掲示板でパパママの本音を聞いてみたら、わが家のケンカがなくなった

Written by えみちん

みなさんのお宅では、パパとママがどれぐらいの比率で育児に関わっていますか?
育児に積極的に関わるパパを称する「イクメン」ということばも今では当たり前のように使われていますが、その反面、ママが一人で家事と子育てを負担する「ワンオペ育児」家庭の割合もまだまだ多いようです。

上田の子育ての現状はどうなのでしょう?
今回は6月に行われた「うえだ家族会議vol.2」にて「パパ育児掲示板」を設置させていただき、街ゆくパパママから育児に対する生の声を聞いてみました。

パパ育児掲示板を設置!

互いが日ごろ抱えている不満や感謝の気持ち、パートナーへのお願いなど、率直な意見がたくさんかかれてありました。どのような意見が出たのでしょうか?

まずはパパからママへ


「言い方をもっと優しくして」
「俺も疲れているから、色々頼まないで…」
「休みの日は寝かして…」
などなど、日ごろ感じてるママへのお願い?不満?が赤裸々に書かれていました。

土日は休ませてあげたいと思っていても、パパにお願いしたいことってありますよね。我が家でもあれこれお願いしてしまっています。

「ママ、イライラしないで~!」
「子どもを怒りすぎ!」
など、胸が痛くなるようなコメントも。いつも怖い顔しているのかもと反省してしまいますね。

中には「やせましょう…」とグサリと刺さる一言も。

しかしその反面こんな感謝の言葉も◎

「いつも家事をしてくれてありがとう」
「いつもお弁当を作ってくれてありがとう」
「仕事帰りがおそいが、いつも子どもの面倒をみてくれてありがとう」
と子育て・家事をママがやってくれていることへの感謝の言葉も聞かれました。

ママからパパへ

こちらはママからパパへのお願い。
 所せましとたくさんの声が寄せられていました!
ママたちはどんな不満を抱えているのでしょうか?

「1人でご飯を食べたい」
「ご飯も作らず、家事もせず、子どものお世話もせず…1日休みがほしい」
「パパと子どもで外に遊びに行ってほしい」
など、ママだってたまには息抜きをしたいといった声が一番多いようでした。

また、
「パパが怒りすぎ」
「怒り方が違う!」
といった子育てにおける価値観の違いなども不満の要因のようです。

他には「スマホやゲームばかりしないで、ちゃんと子どもと遊んで!!」といった声もありましたよ。

逆に「パパありがとう」と感じる時はこんな時なんだそう。

「休みの日にご飯を作ってくれてありがとう」
「休みの日に子どもと遊んでくれてありがとう」
「月に1日、ママの自由の日を作ってくれてありがとう」
家事を手伝ってくれたり、ママの息抜きの時間を作ってもらったりすると、ママたち嬉しいようですね。

また、色々不満を言ってはいるけれど、
「いつもお仕事頑張ってくれてありがとう」
と家族のために頑張るパパへの感謝の気持ちもママ達は忘れていないようです。
パパとママ、お互いのちょっとした気配りで、気持ちよく生活ができたらとてもハッピーですね◎

我が家も話し合ってみました!

私もパパに対して「もっと家事を手伝ってほしい」という不満を常に持っていたので、掲示板を元に話し合ってみました。
「私が家事で忙しくしている時はもう少し空気を察して手伝ってほしい」とお願いしたところ、
「何を手伝ったらいいのかわからないし、ぶきっちょだからすぐにうまくできない。洗濯もやったらシワだらけだって怒るし…。白い物とか分けたり、洗剤も服の素材によって違ったりするじゃん。そういうのよくわからない」といいながらも、
「できることはやりたいから、具体的に言ってほしい。ママはイライラしていて聞くのが怖い時もあるから、言い方を優しくして、具体的に言ってもらえばわかる」と、正直に話してくれました。

パパも何をどうすればいいのか悩んでいたようです。

まとめ

フリー写真素材【写真AC】

まずは私自身が何を手伝ってもらえると助かるのかを明確にして、それをパパと相談。できそうなことを担当してもらうようにしてみようと思いました。
「なんで手伝ってくれないの!」とパートナーに対してイライラしていた気持ちが、話し合ったことによりほんの少し楽になった気がします。
今後は家事分担ボードを作って、仕事の見える化に挑戦してみようと思います◎

みなさんのご家庭はいかがですか?
パパとママで協力しあいながら家事も子育ても楽しめればいいですね。

About the author

えみちん

長野県佐久市(旧望月町)出身。3児の母。
身長172㎝、肩幅広めのがっちり体型。けれど恋愛ドラマや妄想でキュンキュンしちゃう「乙女系かあちゃん」です。子どもたちと、赤毛のアンと、まんまるどんぐりと、立派なまつぼっくりが大好き◎