くらす

果物の目安量を知って我が家の「おやつ事情」を見直してみた!

Written by PON

こんにちは!上田に引っ越してきて2年目のPONです。
これまで5つの県に住んだことがありますが、旬の美味しい果物が安く手に入りたくさん食べられるのは、信州ならでは!この時期、蜜たっぷりの信州産りんごは親子で大のお気に入り。
ところがここ最近、2歳の息子は、果物の食べ過ぎで「ご飯いらないよ~」なんてことが増えてきました。「与えすぎてしまったのかな」と反省していたところ思い出したのが、出生時に上田市から配布された「赤ちゃん手帳」。この中に、子どもが1日に必要な果物の目安量が表記されているのです。
「改めて見返すと、目安量って思ったより少なそう。実際どの程度なのだろう……」そんな疑問を抱いたPONはさっそく果物を準備して確かめてみました!

果物は大事なエネルギー源

参考:http://www.ashinari.com/

「赤ちゃん手帳」によると、活動量の多い子どもにとって、すぐエネルギーになる果物はおやつに最適◎
それでも食べ過ぎてしまうと、次のご飯が食べられず必要な栄養素をとれなくなってしまうこともあるので、気を付けたいですね。

実際に確かめてみた!


「赤ちゃん手帳」に記載されている中で、よく口にする果物を中心に目安量を確かめてみました。(1~2歳の目安量を参考にしています。)


まずは巨峰。1日の目安量は、3粒です。
ぶどう王国信州に住んでるからって、食べ過ぎてたな……。


次はバナナ。一日の目安量は1/2本です。
2回に分けておやつを食べるとすると、1/4本が目安。思った以上に少ない!



続いてりんごとミカンです。りんごの1日の目安量は1/4個、ミカンは1個です。
どちらも1回でペロリと食べてしまっていた量……反省。

おやつに出したい組み合わせを考えてみた

参考:https://www.pakutaso.com/

小さな子どもにとって、「おやつ」の時間は大切なもの。食事でとりきれない栄養素を補えるよう、果物や乳製品など子どもの成長に必要なものを選んであげたいですね◎

毎日同じおやつじゃ飽きる息子のために、おやつの組み合わせを考えてみました。

その1.牛乳100mlとみかん(牛乳は1日で300~400mlくらいが目安です。)


その2.プロセスチーズとりんご(ひょう害があっても美味しい!)
いつもは食事の時間にチーズを食べていましたが、おやつの時間に変更◎


その3.無糖ヨーグルトにバナナをイン!
甘くなって美味しいようであっという間に完食しました。

まとめ

参考:https://www.pakutaso.com/

果物の目安量を目の当たりにして、息子は果物を食べ過ぎていたことが判明!赤ちゃん手帳によると、1回のおやつに与える果物は「子どもの握りこぶし1個分」と覚えておけば良いそうです。これなら、毎日家事や育児で忙しくても、すぐに用意できそう!
皆さんのご家庭でのおやつ事情はどうですか?食事とおやつで子どもに必要な栄養素をしっかり補い、健康で元気いっぱいの毎日を送れるとよいですね◎

About the author

PON

愛媛県新居浜市出身。1児の母。
日々やんちゃ度が増す息子に手を焼く毎日。お料理やお掃除の便利グッズを見つけると心がトキメキます。