くらす まなぶ

上田市の子どもの医療費、窓口負担が500円になる?気になる内容を聞いてみました

Written by かおルン♪

こんにちは、ママライターのかおルン♪です。
我が家の3人の子どもたち、風邪はひきにくいのですがケガが多く、母はいつもヒヤヒヤしています。
子どもの病気やケガって予測できないし、気をつけていても急に起こるから慌ててしまいますよね。いざ、病院に連れて行こうと思ったら、お財布にお金が入っていなかったり……。診察と薬にいくらかかるか分からないから困ります。

先日「広報うえだ」に、子どもが受診するときの医療機関の窓口支払が500円になると書かれていたのを発見したかおルン♪。
気になったので、上田市役所福祉部福祉課 課長補佐兼医療給付係長の柳原美和子さんにお話を聞きに行ってきました。

photoAC https://www.photo-ac.com/

どう変わるの?

photoAC https://www.photo-ac.com/

・まずは今の支払方法との違いを教えてください
「現行の福祉医療給付金制度は、医療費の自己負担分(総額の2割から3割)を窓口で支払い、そこから1レセプトにつき500円を差し引いた額が受診から3カ月を目安に支給されています。負担金500円以外は後日戻ってくる仕組みとなっています。

平成30年8月からは、医療機関等の窓口で実費負担金の500円をその場で支払うだけとなります。受給者は500円以外の負担はありません」(柳原さん)

診療内容によっては窓口で1000円台から3000円くらい支払った経験があるかおルン♪、支払い金額が500円と分かりやすいのは助かります。

・いつから始まるのですか?対象は?
「平成30年8月に病院に受診した分から、窓口支払いが1レセプト500円になります。上田市では15歳(中学3年)の年度末までがその対象です。この変更に対して保護者が行う手続きは特にありません。

今まで保険証と受給者証を提示して受診していた医療機関と、薬局での支払いがその対象となります。総合病院で複数の科を受診しても窓口支払は500円になり(歯科は別で500円かかります)夜間や休日も同様です」(柳原さん)

県外での受診や、医療機関の窓口で受給者証を提示しない場合などは、医療費の2割か3割を支払い、領収証を付けて給付の申請をする必要があるそうです。詳しくは、制度が変わる前に新しい受給者証と一緒に上田市から送られてくる資料を確認してくださいね。

※保育園や小・中学校でのケガの場合は、上田市で契約している(独)日本スポーツ振興センターの災害共済を使用しますので、保育園や学校からの指示に従って手続きしましょう。

・窓口支払はすべて500円になるのですか?

photoAC https://www.photo-ac.com/

「いいえ、任意の予防接種(インフルエンザなど)や検査は、保険の適用外なので今まで同様に、実費がかかります」(柳原さん)

窓口でお金を支払うと貰う、医療明細書を見ると「保険」と「保険外」と別れて記載されています。現行の制度でも「保険」に書かれている金額は受給者負担金の500円を差し引いて上田市から戻ってきています。8月からの制度でも「保険」という部分のみが対象となるようです。

受診の前に

photoAC https://www.photo-ac.com/

風邪の引き始めや、週末が近いときなど、急を要するときでも医療費の心配なく受診できるようになりますね。

子どもの症状の判断は難しく、受診すべきかどうか悩むときもあります。
うえだ家族」のサイトやアプリでは、長野県内の医療機関の検索や、夜間休日の医療機関を案内しているページもあります。

また、夜間や休日の急なケガや発熱のときに、すぐに病院に行こうか翌日まで様子を見ようか迷うときは、厚生労働省の#8000の利用がオススメ。小児科医師、看護師に電話で相談できます。

まとめ

photoAC https://www.photo-ac.com/

小さな子どもは、自分の症状をうまく言葉に出して伝えることができません。大人が症状を軽く見ていたら重症化したというケースや、小学生が転んでケガを家で処置していたら膿んでしまって病院に慌てて行ったということを聞いたことがあります。

今回、窓口での医療費負担が500円になることで、病院に行っておこうか、どうか迷うタイミングを少し早めに判断できるようになるのではないでしょうか。

About the author

かおルン♪

長野県松本市出身。2女1男の3児の母。
子どもと一緒に早寝早起きの健康な毎日を送るかたわら、風呂上りの一杯に幸せを感じています。